ジム通いのメリットとデメリット

何事においてもメリットがあればデメリットもあるものですよね。ではジムの場合はどうでしょう?ジムに通うメリットはイメージしやすいかもしれませんが、デメリットというとどうでしょうか?

実際のところ、ジムのほうが優れているとか、自宅でトレーニングするほうがいいのかという議論に最終結論はありません。トレーニングをする自分の性格や感じ方を踏まえて、こっちのほうが心地よいと思えるほうを選ぶのがおそらく正解になります。

とはいえ、具体的なメリットやデメリットも知っておくに越したことはありませんので、ここでいくつかご紹介したいと思います。

一番わかりやすいジムのメリットは、普通自宅にはないであろう特殊な機器を使用してトレーニングできるでしょう。大きなお風呂やサウナ施設があって、トレーニングしたあとに、リフレレッシュしてから家に帰れる、出勤できるのが最高と言う人もいます。

またジムであれば、トレーナーにトレーニングプランに関して相談することも可能です。悪天候を気にせずランニングができたり、ウォーキングができますし、自分以外にも頑張っている人が周りにいるので、孤独を感じやすいトレーニングでも、楽しく続けることができるかもしれません。

では、デメリットの方はどうでしょうか?よく言われるもののひとつがジムでの人間関係の問題です。お気に入りのトレーナーに話しかけたら周囲の人からすごい目で睨みつけられたなんて話もあるくらいです。程度の低い話のようですが、それでもそれが原因でストレスを感じるようではジム通いも続きません。どこの世界も人間の最大の悩みは人間関係のようです。

ちょっと変わって点では、ジムのデイサービス化があります。高齢者ばかりが集まってそのような雰囲気になってしまっていることを指しますが、そんな雰囲気では若者はジムに近寄りがたさを感じてしまうでしょう。高齢化社会の弊害ですが、なかなか難しい問題です。

もう一つのデメリットは会費です。安いところでも月およそ1万円はしますから、期待した効果が感じられずに後悔する人も少なくありません。

結局は、人間の悩みは人間関係とお金に帰結するということでしょうか?ジムも例外ではないようです。